09.14


しばらく音楽を聞きたくない時期が約1ヶ月ほどあって、その期間は本当に好きなことしかやれなかった。

ゲームは相も変わらずちまちまやるし、学生の頃はアニメもよく見ていたのに最近見ることなかったから、何の気なしにいろんなアニメを見ているんだけど、やっぱり好きなことを忘れようとしたらだめだね。


いい意味でも悪い意味でも音楽で得れるものって無限大ではなくて、そこだけで自分を満たせるものってごく僅かだって気付いた。

アニメ見てると昔のふつふつとした感情とかどこにも吐き出せない感情とかが湧き上がるし、それは音楽にもあるけれど音楽だけでは湧き上がらないものを貰えたりする。
とてもいいよ。


今日は、針の莚が二周年経ったからそれについても。

早いのか遅いのか、訳が分からん、それが正直な感想。
9月14日は、私の命日でもあり出生祝いでもある日。
だから、とても深く色んな感情が巡る。

あの日殺した私は、今の私をちゃんと羨ましがってくれてるだろうか。
今の私は、あの日死んだ私に胸を張って花を手向けてあげているか。
私と私が1番対峙する日でもある。
早く仲直りしろよ、私と私。と客観的な私は笑ってる。
それくらいがいい。言葉に出来んけど、それくらいが。


そんな客観的な私が私に手向けたい言葉は。
生まれてきてくれてありがとう。
私のために死んでくれてありがとう。
いい意味の、ありがとうばかり。

だから、針の莚二周年。
お祝いしてね。

ありがとうございます。皆々様。