· 

01.21

学校に行きたくないような、朝起きた時のざわめきって大人になってもあって。
それに押し潰されることに慣れたはずなのに、苦しくなってそこから動けない。
1ヶ月に1回、もしくは2週間に1回、そんなざわめきの中目覚めて、朝の余韻も虚しく、寂しい、苦しい、行かなきゃの思考が頭を巡る。

そんな時、何かのせいにしないと私は立ち上がれない。
例えば、こんな寒い冬の季節なら布団が温かくて外に出れない、だとか、雨のせいとか、関係ないもののせいにしてしまう。

でも、何かのせいにしたあとは、決まって虚しくなる。
そんな繰り返しをよく生き抜いたなって、誇らしくもなるけれど。

今日が待ち遠しくて飛び起きてた、そんな日が恋しい。
誰かとの待ち合わせに心躍らせ、新作の映画にワクワクして。
長い時間バスに揺られて景色を見て、少しずつ知らない景色に変わっていく楽しみだとか。

思い立って行くべき場所の反対側に駆け出していきたい。
そんな勇気が、心から欲しいと願ってる。